キングオブコントのファイナリストとして勝ち進んだ期待の芸人といえばニューヨークではないでしょうか?

2020年で芸歴も11年と応援しているファンも多い印象ですね!

そんなニューヨークの屋敷さんは版画が上手いことで有名ですが、どこの大学は通っていたのでしょうか?

屋敷裕政さんは大学卒業後に制作会社でADになっていたと言われています。

調べたのでお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

ニューヨーク屋敷の大学は同志社大学!

ニューヨーク屋敷裕政さんの大学は同志社大学ということがわかりました。

通学していた学部は文学部社会学科メディア学専攻(現:社会学部メディア学科)と言われています

屋敷裕政さんは公式に大学や学部を公表していないようですが、現在のところ詳しい情報が分かっているので取り上げます。

屋敷裕政さんが通学していた同志社大学は言わずと知れた名門の大学ですよね!

◎同志社大学文学部社会学科メディア学専攻(現:社会学部メディア学科)

住所:京都府京都市上京区今出川烏丸東入

屋敷裕政さんが通学していた文学部社会学科メディア学専攻(現:社会学部メディア学科)の偏差値は62.5となっています。

やはり偏差値が高いですね!

この同志社大学に屋敷裕政さんは一般入試で合格したということなのでかなり勉強ができた人だということが分かりますね。

ニューヨーク屋敷の大学卒業後は制作会社でADだった!

ニューヨーク屋敷の大学卒業後は制作会社でADだったと言われています。

担当した番組も「ネプリーグ」や「ザ!鉄腕!DASH!!」などを担当していました。

そこでの経験が良くも悪くも経験値として身になっていると言われています。

――地方出張はどうであれ楽しいですからね。

屋敷:西表島に、干潮のときだけ出現する座礁船があって。それを撮影するために僕だけ残ったんです。業界用語で言う「追撮」です。初体験なので夢中で撮っていたら、満潮になっちゃって。

――それヤバくないですか?

屋敷:焦らなかったですね。船の先端にいれば溺れることはないですから。今思えば危険ですけど、過酷な毎日だったので、それくらいはピンチと思えなかった。夜中に6時間くらい舳先でじっとしていました(笑)

――ロケやロケハンの開放感が味わえるだけで、仕事のキツさは同じなんですね。

屋敷:はい、忙しさはハンパじゃなかったです。ロケの5日前から家に帰れず、睡眠時間もほぼナシ。オンエアが終わると、単独ライブが終わったくらいの開放感がありました。

引用元:まいにちdoda

体育会系のハードな仕事を頑張って取り組んでいましたが、個室ビデオ店で見たM-1グランプリのDVDがきっかけで芸人の道に進むことになります。

今もまだ収入的には大変な状況かも知れませんが、自分のやりたいことを見つけて行動に移せることはすごいことだと思います。

2020年9月26日のキングオブコントでは全力を尽くして優勝することに期待していきましょう!

スポンサーリンク