次期総理大臣候補に岸田文雄さんが正式に立候補しましたね!

総裁選も両院議員総会形式で投票が行われることも決まり徐々に高まりつつあります。

総理大臣ともなるとファーストレディとしてパートナーの嫁も何かと注目されることがありますよね。

そんな岸田文雄さんはどんな人と結婚していたのか気になったので調べてみました。

岸田文雄さんの嫁は高学歴で英語が上手だと言われています。

さらには経営者の家系だったとか?!

調べたことをお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

岸田文雄の嫁は裕子夫人!

岸田文雄さん嫁は裕子夫人です!

裕子夫人と岸田文雄さんの馴れ初めはお見合いだったと言われています。

しかも当時はより岸田文雄さんが凛々しくてカッコイイんです!

若い当時の写真がこちらです。

岸田文雄 若い頃
引用元:NNN

裕子夫人も綺麗な人ですね!

白粉をしていない画像も探してみました。

裕子夫人

垂れ目で優しそうな綺麗な女性ですね!

岸田文雄さんとも仲が良さそうでイイ家庭を持っていらっしゃるんだろうなと伝わってきます。

スポンサーリンク

岸田文雄の嫁の裕子夫人は高学歴で英語が上手?

高学歴 イメージ

岸田文雄さんの嫁の裕子夫人は広島の中でトップクラスのお嬢様学校に通われていたと言われています!

裕子夫人が通っていた高校は広島女学院高等学校と言われる、中高一貫校の学校です。

◎広島女学院高等学校

住所:〒730-0014 広島県広島市中区上幟町11ー32

この広島女学院高等学校はスーパーグローバルハイスクールと2014年に文部科学省から指定されるなどグローバルな人材を育てる校風が根付いている学校なんです。

なんと全校生徒が英検2級をとるように奨励されるなど英語に力を入れている学校といえます。

2017年の結果ですが中学3年生〜高校3年生まで各200名ほどいる学年のうち準2級を取得する生徒は9割とかなりスゴイ結果を出しています。

そんなグローバルな成績が優秀な学校にうちの子も入れたいと思うのは当然でしょうね。

この広島女学院高等学校に裕子夫人は通っていたと考えるとかなり優秀な生徒だったんだろうなと予想がつきます。

岸田文雄さんが外務大臣をされていた頃には海外からの来賓と裕子夫人とのコミュニケーションはスムーズに行われていたと考えられますね!

キャリアウーマンとしてカッコイイ女性でもありますね!

岸田文雄の嫁の裕子夫人は経営者の家系だった!

裕子夫人の家系は経営者の家系だったと分かりました!

裕子夫人の父親は和田邦二郎という人で、広島県三次市出身で三次開発興業株式会社の代表取締役を務めていました。

この三次開発興業という会社の業種は不動産賃貸業を行っていると言われています。

さらには三次高校の同窓会長を務めていたので地元での影響力は強かったと考えられます。

裕子夫人が岸田文雄さんと結婚することになったことは和田邦二郎さんにとっても嬉しいことだったに違いありませんね!

岸田文雄さんが次期総理大臣となれば裕子夫人の英語コミュニケーション能力を十分に発揮して安倍総理の昭恵夫人とはまた違った貢献をしてくれるのではないかと期待しています。

今後も注目していきましょう!

スポンサーリンク