政治家の山本太郎さんですが、口から放つ主張は賛否両論になることもしばしばで歯に衣着せぬ物言いが売りですよね。

結構大胆な施策を打ち出すことも多いですが、中身は実現できたら良いよねと言ったものも多い印象です。

そんな山本太郎さんは高校はどこに通っていたのか?しかも中退していたとも言われていますが真相はどうなんでしょうか?

調べましたのでお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

山本太郎の高校はどこ?

山本太郎の高校は私立の箕面自由学園高等学校です!

住所:大阪府豊中市宮山町4丁目21

山本太郎さんの通っていた箕面自由学園高等学校の教育理念は自分の手で自らの未来を切り拓いていく人間力を磨いていくことをモットーにしてます。

●教育理念

本校の建学の精神「教養高い社会人の育成」をめざし、将来を自らの手で切り拓き、たくましく生きるための「人間力」を磨くために、何事にも自ら選択・チャレンジし、最後までやり抜く力を養います。

引用元:箕面自由学園高等学校HP

教育理念の大部分は山本太郎さんそのものですよね。

諦めず貫くところや執念深いところは高校ときに養われたのかと思うほどです。

スポンサーリンク

山本太郎は高校を中退していた?

山本太郎さんは高校を卒業せずに中退をしています

中退後は高卒認定試験も受けることもなかったため大学にも行っていません。

高校を中退するキッカケとなったのは、山本太郎さんが出場した”ダンス甲子園”での出来事です。

ダンス甲子園とは『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送された一般人の大きな目標を応援するという企画です。

そのダンス甲子園で山本太郎さんが勢いで出演して披露した”メロリンキュー”が中退のキッカケとなります。

その光景を見た保護者の方から「裸で踊るような人がいる学校は大丈夫なのか?」「うちの子供を預けられない」などのクレームが入ったと言われています。

しかも入試の時期とも被っていたので余計反発が大きかったと言われています。

たびたび山本太郎さんは校長に呼び出されてよく「このままやったら君、学校にいられなくなるよ」と言われていたそうです。

これに反発して番組にで続けていると親との関係も悪くなりさらにはいじめにもあっていたと言われています。

そして今後番組に出るのをやめるか、自主退学をするかのどちらかを選ぶように校長から言われて山本太郎さんは退学を選んでいます。

動画見ても箕面自由学園高等学校のことを知らない人だったら良い印象は持たないでしょうね。

山本太郎の夢は政治家で総理大臣だった!

91年〜92年のアイドル誌「明星」の表紙にたびたび山本太郎さんはメロリンキューの格好で載っています。

山本太郎さんは夢は政治家総理大臣になると明言しています。

山本太郎 夢は政治家

世間一般的には高校中退となると就職し難かったり後ろめたい気持ちになることが多いとは思いますが、山本太郎さんは高校中退になったことを後悔することもないそうです。

「山本はしょせん高校中退」と見下す人もいるが、それが意味のない批判であることは簡単に分かる(いうまでもないが、大卒であっても……という人はたくさんいる)。同じく話を聞かせてくれた立命館大学の松尾匡教授は彼について、「地頭がいいというか、物を考える力がある」「高校中退はマイナスではなく、プラスになっていると僕は思う。エリート街道を歩んできた政治家は、苦しんでいる人たちの状況がピンとこない」と語っていた。

引用元:Newaweek

山本太郎さんの政治的な発言は意見が割れることもしばしばありますが、その強烈な個性が今の日本にインパクトを与える可能性だって考えられます。

言うだけでなく国民との約束を守る誠実で努力する政治家として頑張ってもらいたいと期待しています。

スポンサーリンク