竹内結子さんには中林大樹さんの間の子供の他に前夫の中村獅童さんとの子供(長男)がいます。

長男の名前は太郎くんで竹内結子さんが亡くなったため、今後誰に育てられるのか心配の声が上がってます。

竹内結子さんの長男・太郎くんの親権はどうなるのでしょうか?

また竹内結子さんの長男の親権は子供の意思次第で変わるって本当なのでしょうか?

調べたことをお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

竹内結子の長男の親権はどうなる?

竹内結子さんの長男・太郎くんの親権はどうなるのでしょうか?

親権を得る可能性として考えられるのが3つあります。

一つずつ見ていきましょう。

長男の親権が中林大輝になる場合

中林大樹
写真:中林大樹さん 引用元:フジテレビ

竹内結子さんの現在の夫である中林大樹さんが親権をとる場合、まず中林大輝さんはすることがあります。

まず養子縁組として太郎くんの親権を得ることが必要です。

養子縁組の場合、太郎くんも中学生と年齢も大人に近づいているので普通養子縁組として迎えることができます

そうすれば育ての親として太郎くんの父親となることができます。

長男の親権が中村獅童になる場合

中村獅童
写真:中村獅童 引用元:スポーツ報知

長男・太郎くんの親権が中村獅童さんとなるのは可能性としてあまり高くはないと考えられます。

離婚時に父親が親権から手を話すと再度親権を得れる可能性は低いからです。

中村獅童さんが親権を得るためにはまず養育環境を整えることと中村獅童さんの親権を得たいと言う強い気持ちが必要になります。

長男の親権が竹内結子さんの両親となる場合

長男・太郎くんの親権を竹内結子さんの両親が得る場合は先ほどの中林大輝さんと同様に養子縁組として引き取る必要があります。

血が繋がっているからと言ってすぐに親権を得るわけではないんですね。

あくまでも血が繋がっている両親が親権を持っていると言う位置付けになります。

スポンサーリンク

竹内結子の長男の親権は子供の意向次第で変わるって本当?

竹内結子さんの長男である太郎くんの親権は、太郎くん自身の意向次第で変わると言われています。

しかしこれにも条件があります。

その条件は「15歳以上あること」です。

小さい子どもの場合には、子どもが自分の親権者を選ぶことはできません。ただ、子どもが一定の年齢になってくると、子どもは親権となる親を選ぶことができます。それは、大きくなってくると、子どもにも適切な判断能力が身についてくると考えられているからです。

そこで、離婚する夫婦の子どもが15歳以上の場合には、子どもがどちらかの親を選べば、それ以上の調査や評価は一切せずに親権者を決めることができます。どんなに経済状態が悪い親であり、どんなに忙しい親であっても、子どもが望んだらその親は親権者になることができます。

引用元:離婚弁護士 相談広場

これは離婚の場合ですが、親権がどうなるのかの基準にもなると考えられます。

太郎くんは2005年11月に生まれているので2020年11月で15歳となります。

竹内結子さんが亡くなったのが9月27日なので親権を決めている最中に適齢期である15歳になると言うことですね!

太郎くん自身は、中村獅童さんが再婚をする際にも中村獅童さんと会話して円満で了承したと言われています。

太郎くんと中村獅童さんは定期的に会っていて、仲が良いことで知られています。

私個人の考えでは、もしかすると中村獅童さんのところに行きたいと太郎くんが言うのではないかと思っています。

理由は中林大輝さんと一緒に暮らしてまだ1年半程と短いことも挙げられるからです。

今後どんな展開になるのかは太郎くん次第になってくる可能性は高いと思います。

ファンの多い人気な芸能人が亡くなるニュースが2020年は立て続けで起こっています。

芸能人だけでなくショックを受けて亡くなるファンが出てこないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク