囲碁七代タイトル戦史上最年少の10代で名人タイトルを獲得した芝野虎丸さん。

将棋界では藤井聡太さんが2016年に史上最年少で四段を獲得していますが、囲碁界でも芝野虎丸さんが10年前の井山裕太棋士の成績を塗り替える快挙を達成しています!

そんな芝野虎丸さんですが高校に進学せず中卒だということが分かりました!

理由としては両親の育て方がユニークだったからと言われてますがそのことについても調べたのでお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

芝野虎丸は高校に進学せず中卒!

芝野虎丸さんは高校に進学せず中卒ということが判明しました!

通っていた中学校は公表されていませんが、兄の龍之介さんが国立東京大学付属中等教育学校に通っていたので同じ中学校かもしれませんね。

◎国立東京大学付属中等教育学校

住所:東京都中野区南台1丁目15ー1

芝野虎丸さんは1999年の生まれで兄の龍之介さんが1997年生まれと2歳の年の差があります。

兄の龍之介さんも6歳から囲碁をしていて、2017年にプロ棋士となりました。

プロ棋士となるまでもアマチュアで日本一に輝くなど成果を挙げられるほどの実力を持った人なんです!

兄弟揃って輝かしい成績を持つなんてなんだか素晴らしい兄弟ですよね!

兄の龍之介さんは東京理科大学の出身で現在はもちろんプロ棋士の二段として活躍しています。

兄の龍之介さんも弟の虎丸さんのことを高く評価しています。

芝野虎丸名人の兄龍之介二段は弟の強さについて、コンディションが悪いときも対局していて、プレッシャーがある中でも間違えずに打てるのは強いと語る。

引用元:報道ステーション 2019年10月8日(火)放送分

コンディションに関係なくいつも通りに対局を打てる力があるのは相当な努力と練習量があったに違いありませんね。

すぐ近くでずっと見てきた兄の龍之介さんが言うほどですから本当にスゴイですよね。

芝野虎丸の両親の育て方がユニークだった?

芝野虎丸さんの両親の育て方がユニークだとテレビでも取り上げられていたほどです!

父親はゲームプランナーという仕事をしていて囲碁はやったことはなかったので囲碁の専門書を1000冊以上取り揃えて囲碁の勉強ばかりさせていたと言われています。

高校に進学しないのはかなり意外ですよね。

世の中の大体の人が高校進学は最低しておこうとする中での決断はスゴイです。

もうすでに両親も芝野虎丸さんも囲碁の世界で生きていくことを決めていたのかもしれませんね!

藤井聡太さんも現在プロとしてニュースで取り上げられるほど大健闘しています。

芝野虎丸さんも業界は違いますけど囲碁界で大健闘していくことを期待しています。

スポンサーリンク