2020年は大手芸能プロダクションのオスカープロモーションで大きな動きがありましたね!

大物女優が続々とオスカープロモーションから退社していく自体が起こりました。

なぜオスカープロモーションでは大物女優の退社が相次いで続出してしまったのでしょうか?

2020年に退社した女優一覧と退社が続出してしまった原因を調査しましたのでお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

オスカープロモーションを退社した女優一覧!

2020年8月現在まででオスカープロモーションを退社した女優を一覧にしてみていきましょう

タレントやモデルも含めて一覧に追加しておきますね。

オスカープロモーションを退社した女優一覧

・忽那汐里(2019年12月)

・草刈民代(2020年2月)

・岡田結実(2020年3月)

・ヨンア(2020年3月)

・リサ・スティッグマイヤー(2020年3月)

・米倉涼子(2020年3月)・・・個人事務所Desafío設立

・長谷川潤(2020年4月)

・絵美里(2020年4月)

・富岡佳子(2020年4月)

・堀田茜(2020年8月)

福田沙紀(2020年8月)

・剛力彩芽(2020年8月)・・・個人事務所ショートカットで活動していく

・紫吹淳(2020年内退社?)・・・会社と協議中

2019年12月以降から毎月のように誰かが辞めている状況ですね!

これだけ続々と辞めていく人が出てくるのには何か必ず原因がありそうですね!

スポンサーリンク

オスカープロモーションを続々と退社するのはなぜ?原因を調査してみた!

オスカープロモーションを続々と退社するのはなぜなんでしょうか?

原因を調べてみると、オスカープロモーション内の経営陣の交代が関係していると文春オンラインでは報じられています。

3月下旬に、オスカーの創立者で長年社長を務めた古賀誠一氏(80)が会長に就任。新社長には石川薫氏が就いた。社員の大量退職は、この経営陣の交代が大きく関係している

引用元:文春オンライン

元社長の娘婿がきっかけを作った?

堀和顯
堀和顯さん

元社長の古賀さんがなくなって以降、新社長は石川薫さんが就任することになりましたが実権は古賀元社長の娘婿である堀和顯さんが握っていると言われています。

石川新社長も堀和顯さんにごまをするばかりで意見を言うこともないので実質は堀和顯さんの独裁体制となっています。

そんな堀和顯さんの経営方法などをよく思わない人が続出しています。

辞めているのは女優ばかりでなかった

さらに辞めているのは日の当たる女優ばかりではないと言われています。

「現場マネジャーにとって、テレビ局や雑誌の媒体関係者とコネクションをつくってタレントを売り込むことは重要な仕事です。しかし堀氏はほとんどの会食の経費を落とさないように経理に指示した。それでもマネジャーなど現場で働く中堅社員たちは自腹で会食をし、営業をかけていた。そんな状況に耐えきれず、まず経理部など堀氏と直接関わることの多い部署の社員が辞めていったんです。その後、テレビや雑誌へのコネクションが強い“仕事ができる社員”たちから1人抜け2人抜け、いまではほとんどがオスカーを離れた」

娘婿である堀和顯(ほり かずあき)さんが経費削減に乗り出してから芸能関係者との接待費用はコネクションを作っていたマネージャークラスの中堅社員の自腹だったとのことですからかなり苦しかったことだと思います。

それから次々と仕事のできる社員から退職していったと言われています。

最後に

会社の実権を握る人が社員や女優にとって一緒に付いて行きたい人であるかどうかが大切だと本当に思いました。

目指す先が違うとアクションすることも変わってくるので、もう空中分解でバラバラになりかねないですよね。

オスカープロモーションは大手の芸能プロダクションですが、看板ばかりに頼るのではなく会社という組織に過ぎないのだから、経営陣は常に社員や女優から誰と一緒に仕事をするかを考えらていることを意識に持ってないと、人が今回のように離れていくことになると思います。

組織は人なのでそれを考えて人を大事にする経営をされた方がいいようにも感じます。

これからの動きに注目ですね!

スポンサーリンク