LINEで送る
Pocket

大晦日の締め括りの番組と聞いて思い出すのが紅白歌合戦と言う人も多いのではないでしょうか?

2020年紅白歌合戦の白組司会に選ばれたのは俳優の大泉洋さんですよね!

そんな大泉洋さんは番組で愛娘の話をすることが多いのですが、どんな娘さんなのでしょうか?

名前や通っている学校についても調べたことをお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

大泉洋の娘の名前はみく!

大泉洋さんの娘さんの名前は”みく”と言うことが分かりました!

みくちゃんの名前が平仮名なのかは不明ですが、平仮名でも可愛らしくていい名前ですよね。

みくちゃんは大泉洋さんと中島久美子さんとの間に産まれた子供になります。

大泉洋さんが38歳で中島久美子さんが41歳と初産で高齢出産の中の誕生でした。

大泉洋さんは娘のみくちゃんを溺愛しているとよう言われますし本人も「娘がかわいい」とよく言っています。

それほど溺愛しているのも親であるからもそうですが、高齢出産の中であっても母子ともに健康な状態でよく産まれてきたと言う気持ちが強いからではないでしょうか?

大泉洋さんの話からも愛に溢れた素敵な親子だと感じますね!

大泉洋の娘の学校は青山学院だった!

大泉洋さんの娘・みくちゃんの通う学校は青山学院初等部だと言うことが分かりました。

◎青山学院初等部

住所:〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4丁目4−25

大泉洋さんはみくちゃんを幼稚園の頃から青山学院の一貫校へ入学させています

青山学院一貫校に入学すると余程のことが無い限り幼稚園から大学院までエスカレータ式に進学していくことになります。

高等部や大学への進学率について、青山学院初等部のホームページでも約80%超える人が内部進学していると記載がありました。

青山学院の幼稚園、初等部への入園・入学生は、ほぼ全員が上級の学校に進学いたします。
中等部においては、ほとんどの生徒(毎年95%以上)が高等部に内部進学しています。

また、高等部においては、青山学院大学にない他大学の学部などに進学する生徒を除いて、
約80%が青山学院大学、女子短期大学に内部進学しています。

引用元:青山学院初等部ホームページ

エスカレータ式に進学できることは子供にとってもストレスなく伸び伸び勉学に集中できるし、親としても受験失敗などの心配も無くなるから良いのでしょうね!

大泉洋さんも二浪して北海学園大学へ入学しています。

某番組で言ってましたが、”二浪の末に志望校を諦めた経験がある”ということなので娘のみくちゃんには同じ苦労をかけて欲しく無いと思ったようです。

大泉洋の娘の将来の夢は女優になること?

大泉洋さんの娘・みくちゃんの将来の夢は女優になることだと言っていることが分かりました!

北海道を舞台に描いた映画「そらのレストラン」の公開記念舞台挨拶で娘のみくちゃんからのサプライズで手紙をもらったときのことです。

その手紙には「パパみたいに上手に泣ける女優さんになりたい」と書かれていたそうです!

これには大泉洋さんも驚きと喜びを隠せなかったことでしょうね!

父親のようになりたいと自分の子供から言われることが嬉しくないことが無いと思います。

まとめ

大泉洋さんの娘さんのみくちゃんについてお伝えしました。

娘のことを毎回嬉しそうに話す大泉洋さんも、父親のことを慕っているみくちゃんも二人とも素敵ですよね!

愛する家族のために頑張る大泉洋さんのさらなる活躍に期待ですね!

スポンサーリンク