本日19時に安倍首相から緊急事態宣言が発令されましたね。

これで4月7日から5月6日までの1ヶ月間が自粛ムードがさらに加速していき、新型コロナウイルスの感染者数も落ち着いていくと良いですよね。

2週間後には何かしら変化が現れると専門家は言っていますがどうなんでしょうか?

そんな中、会見を行った小池都知事のマスクが「大きい」「でかい」と話題になっています。

今回は小池都知事が着用しているマスクがなぜ大きいのかについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

小池都知事のマスクが大きいと話題に!

緊急事態宣言に対する東京都の対応について、記者会見を行っている小池都知事を見て多くの方がそのマスクの大きさに注目している人が結構いました!

安倍首相のマスクが国民に配布される予定のマスクを使用していて「安倍首相のマスク小さい」など小池都知事とは真逆であったことで話題にもなっています。

コメントでもありましたが、2人のマスク交換したらちょうど良いかもしれませんね(笑)

他にも小池都知事のマスクが大きいのでは無く、小池都知事が小顔なのか?とマスクでは無く小池都知事の顔の大きさに疑問を持つ人もいました。

スポンサーリンク

小池都知事のマスクが大きい理由は?

この小池都知事のマスクですが、大きい理由は何なんでしょうか?

顔全体を覆ってしまうのが良いってことなんですかね?

このマスクについて調べていくと、なんと手作りマスクなんだそうです!

マスク手作りするなんて家庭的ですよね。

それにしてもかわいい柄で素敵です。

小池都知事のマスクはご近所さんの手作りだった!

小池都知事が着用しているマスクが小池都知事自身で作った物では無いみたいです!

手作りだと言っても、ご近所さんからの頂き物だったんですね!

それによく見るとガーランド柄の生地で作られているようですね!

ちなみにガーランドとは「花輪」など花や植物、果実を使ったひも状の装飾品」のことを指します。

東京都知事であっても周囲の人たちに支えられながら都内の国民に対して対応しているんだなと感じました。

なんだか微笑ましくてこの新型コロナのネガティブムードに少し良い知らせを吹き込んでくれたような話題でした。

緊急事態宣言が出てからのこれから1ヶ月間がどうなるのか気になるところではありますよね。

早ければ2週間後に結果が現れてくるとか?!!

徐々にでも構わないので日本含む世界全体が快方に向かうことを期待しましょう!

スポンサーリンク