これまで多くのイケメン俳優を排出してきた”仮面ライダー”シリーズの『仮面ライダーゴースト』で異世界の王子・アラン様を演じたのが磯村勇斗さんです。

人気俳優の登竜門を潜り抜けた磯村勇斗さんの実家家族構成はどうなんでしょうか?

しかも母親が教育熱心で厳しかったとか?

調べましたので書いていきます!

スポンサーリンク

磯村勇斗の実家は沼津!

磯村勇斗さんの実家は沼津だと言われています。

実際に卒業した小学校や高校からも沼津であることが分かります。

磯村勇斗さんの

沼津市立第一小学校

沼津市出身であることを沼津市のPR動画撮影の時にもコメントとして残してました。

「今回、地元沼津のPRドラマに出演させていただくことができ、本当にうれしく思います。18年間過ごした沼津、そして、東京での暮らしに慣れた今。この作品を通して、もう一度「自分」を見つめ直す事ができた気がします。そんな温かく寄り添ってくれる人達の住む街沼津の魅力が詰まっていますので、ぜひ、たくさんの方に発信していきたいです」

引用元:TV LIFE web(2018年05月11日のエンタメニュース)

コメントでも18年間過ごしたと書いてあるのだから間違い無いですね!

こういうカタチで生まれ故郷に恩返しできるのは良いことですし嬉しいことでもありますよね。

スポンサーリンク

磯村勇斗の家族構成について!

磯村勇斗さんには父親と母親がご健在ですが、詳しい情報は公表してないようです。

兄弟では8つ年上の兄がいるようですがこちらも情報はまだ公表されていないようです。

弟と同じ芸能関係に進んでいるのか調べましたが、何も情報が掴めていない状態です。

もしかすると一般企業に勤めていおられるのかもしれませんね。

磯村勇斗の母親が教育熱心で厳しかった?

磯村勇斗さんの母親は非常に教育熱心な人だったと言われています。

中学校を卒業したら東京に出たい」と磯村勇斗さんが言うと猛反対されたそうです。

せめて高校だけでも卒業しろ」と言われ泣く泣く志望校でも無い高校へ進学することになります。

高校時代はヤンチャしていたようなので今となっては母校に謝りたい気持ちがあるようです。

磯村勇斗さんは中学校の時に自主制作した映画がキッカケで俳優の道を目指すことになりました。

ーーまず、芸能界を目指すきっかけから教えてください。

「中学2年生のとき、学校の授業の課題で友達と自主制作の映画を作ったことがきっかけです。『ヌマヅの少女ハイジ』という15分ぐらいの作品で、脚本もカメラも自分でこなし、ハイジ役も自分で演じました(笑)。それを学校で上映したときに、すごくたくさんの拍手をもらったんです。演じて面白いうえ、こんなにも評価してもらえるなんて、なんて楽しいんだろう。この楽しさを感じるには、俳優になるしかない!と思いました」

引用元:Deview

高校時代にも劇団に入り、週一で練習に励んでいた磯村勇斗さん。

高校卒業後の進路として俳優の道を諦めきれず、プロダクションや劇団への道を探していましたが、両親がやはり猛反対することに。

結局は「演技の勉強ができる大学に行く」と言って何とか両親の了解を得ることができました。

親の子供に対する気持ちはどこも同じだなと思いました。

子供の将来を心配するあまり厳しくなってしまうのでしょうね!

磯村勇斗さんは出演機会もだんだんと増えてきている俳優さんですので今はだいぶ両親も落ち着いているとか?!

これからさらに活躍の場を広げて引っ張りだこになる俳優さん目指して頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク