N国の立花孝志さんが新しくホリエモン新党を結成しましたね!

名前にホリエモンと入ってますが、この新党に堀江貴文さんは所属してません。

東京都知事選に向けての準備だと思われますが、しかも現職の小池百合子都知事と同姓同名の小池百合子さんを探していると言うことですが何のためなのでしょうか?

調べたので書いていきます!

スポンサーリンク

ホリエモン新党に同姓同名の小池百合子?

小池百合子

ホリエモン新党に同姓同名の小池百合子と言う名を持つ人を立候補者として擁立すると公表しています。

小池百合子と言えば現職の東京都知事である小池百合子さんと同じ名前です。

なぜ今回の都知事選に同姓同名である小池百合子さんを擁立するのかはこのあと書いていきます。

スポンサーリンク

ホリエモン新党の都知事選での狙いは宣伝?

東京都庁

ホリエモン新党の都知事選での狙いは何なのでしょうか?

狙いは3つあると考えられてます。

小池百合子都知事の票を2分して混乱させる

先ほども書いた通りホリエモン新党で同姓同名の小池百合子さんを擁立することになっています。

「小池百合子」と書かれた票は得票率によって按分されることになります。

現職の小池百合子都知事の票をホリエモン新党が擁立する小池百合子さんへの票を増やすことができると言われてます。

今回の同性の候補者を擁立することで投開票で混乱が起きるのか見ものではありますね!

立花孝志さんは以前の静岡4区補選でも同姓同名の候補者を擁立しましたが、その時は波乱もなく按分票として振り分けられました。

ホリエモン新党の名前から堀江貴文への票にもなる

ホリエモン新党の名前からホリエモンを応援したいと言う人が「ホリエモン」と言う名前を書いた場合、堀江貴文さんの票になっていくことになります。

たとえ立花孝志さんを応援しようと思って「ホリエモン」と書いたとしても堀江貴文さんの票として数えられることになります。

堀江貴文の書いた本の宣伝?

堀江貴文さんが出馬した場合の狙いとしては2020年5月30日に発売開始する堀江貴文著書東京改造計画』の宣伝にすぎないと言われています。

通常であれば広告費に数千万円掛けるところが、今回は選挙戦なので毎日ニュースで取り上げてもらえるなど費用対効果が優れていると言われてます。

ホリエモン新党の党首である立花孝志さんは堀江貴文さんを東京都知事にしたいと考えているとも言われています。

今回の想定している都知事選でも上手くいけば堀江貴文さんが東京都知事になれるかもと話されていました。

まだ堀江貴文さんは出馬表明はしていないようなので何とも言えませんが、出馬を表明した場合は今年の都知事選は一味違った選挙戦になるのかもしれませんね。

兎にも角にも今年2020年の東京都知事選は現在の選挙のルールの重箱の隅を突くような問題提起の選挙になる可能性が高いです。

これまで通りが良い!と言うばかりでなく変化も大事だよと言うメッセージをホリエモン新党の仲間で伝えていくことになりそうです。

我々国民としては政治を上手く動かして日本を良い方向へと導いてくれるリーダーであれば誰でも良い感じは拭えませんが。。

まずはこれから始まる東京都知事選に期待していきましょう!

スポンサーリンク