2020年8月5日の「今夜くらべてみました」に世界的お嬢様と言われているコルファージュリアさんが出演されますね!

2020年からタレントデビューされたコルファージュリアさんですがどんな個性を持った人なのか楽しみです!

そんなコルファージュリアさんですが超お金持ちということですが母親はどんな人なんでしょうか?

調べてみる帽子デザイナーとして有名な人なんだとか!?

分かっていることをお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

コルファージュリアの母親は?

コルファー羽鳥Yoko

コルファージュリアの母親は名前が、コルファー羽鳥Yokoと言います。

コルファー羽鳥Yokoさんのプロフィールを紹介していきますね!

コルファー羽鳥Yokodのプロフィール

名前:コルファー羽鳥Yoko

生年月日:10月25日?

出身地:日本

職業:帽子デザイナー兼フラワーデザイナー

まだ不明な部分が多いので分かり次第アップしていきますね!

コルファージュリアの母親は帽子デザイナー

コルファージュリアの母親であるコルファー羽鳥Yokoさんは帽子デザイナー兼フラワーデザイナーでもあるということが分かりました!

コルファー羽鳥Yokoさんの作品をどこで購入できるのか調べてみたのですがブランド名や店舗などは分かりませんでした。

おそらく固定のお客さんがいて、特注で依頼を受けているんだと考えられます。

世界的にデザイナーとして活動されていることが考えられますし、イギリスの文化での帽子について面白い話を見つけましたので紹介しますね。

《イギリス女性の帽子ファッション》

女性用の帽子は一部ミリネリーと呼ばれます。

このミリネリーは、王室の女性や、貴婦人、その他セレブが日差しを避けるため、おしゃれとして身に付けたことから、徐々に注目されるようになりました。今では斬新で奇抜なアイテムとして、季節感のあるミリネリーや、各行事に合わせたもの、着る服に合わせたミリネリーなど様々なデザインがあります。

ファッションとしての帽子は、女性のために作られるようになり、同じものを好まない女性には特注のオーダーメイドによる帽子を作ってもらえる工房などがあります。その為、今では数々のミリネリー専門店があります。

調べてみるとイギリスでは帽子はファッションの一部と強く意識されているようですね!

さらに王室やセレブから特注で帽子の依頼があると言われてます。

理由は、イギリスではロイヤルアスコットと言われるイギリス王室が開く競馬があります。

6月の第3週にアスコット競馬場で開かれる競馬なのですが、イギリス王室が開催するだけあってドレスコードは厳格に決められています。

その中で「衣装に合う頭の隠れる帽子を着用すること」という決まりがあります。

なのでセレブは既製品の帽子ではなく着ていく衣装を決めて、衣装に合う帽子を特注でイチからデザインしてもらうのが普通なのでしょうね!

贅沢というよりも礼儀としての身支度をしっかりしているんだなという印象を受けます。

セレブも大変ですね!

スポンサーリンク

コルファージュリアの母親はデヴィ夫人と友達だった!

コルファー羽鳥Yoko デヴィ夫人

コルファージュリアの母親のコルファー羽鳥Yokoさんはデヴィ婦人とも友達だということが分かりました!

コルファー羽鳥Yokoさんの誕生日会を開いたときにも招待されるほどの仲のようです。

誕生日会の場所は、コルファー羽鳥Yokoさんの旦那さんのニコラスさんが役員を務めるペニンシュラ東京の24階にある『Peter』という高級レストランで開かれたそうですよ!

さすがセレブですね!w

あのデヴィ夫人も正真正銘のセレブというほどなのでかなりのセレブに間違いありません。

旦那のニコラスさんも高級ホテルの役員をしているということなので収入も2,000〜3,000万円ほどだと言われています。

やはりかなりの高収入取りですね!

コルファー羽鳥Yokoさんもデザイナーとしての仕事でかなり収入も多いと思われますね。

それでないと豪邸をいくつも建てている収入源の理由が見当たりません。w

これからコルファージュリアさんがタレントとして活動されますがどんな特色を出していくのか楽しみですね!

コルファージュリアさんの活躍に期待していきましょう!

スポンサーリンク