4月17日から東京の一般家庭向けに話題になっていた布マスク、通称”アベノマスク”が郵便局員によって配達が開始されました。

布マスクと聞いたら小学校の給食係を懐かしく思い出しますが、いわゆる当時着けていたものと同じ長方形のマスクが届くわけですね。

そんな布マスクの”アベノマスク”の製造元メーカーはどこなのか?についてや、しかも今回配達されたアベノマスクに不良品が多く出ているとか?

調査しましたので書いていきます!

スポンサーリンク

アベノマスクの製造元はどこ?

アベノマスクの製造元ですが正式に公表はされていないようです。

政治家の蓮舫議員も安倍政権に製造メーカーを確認しているようですが、未だ回答が無い状況のようです。

そんな状況ですが、日経ビジネスの記事に政府からアベノマスク量産を要請された会社の名前が分かってきました。

アベノマスク生産会社

1.興和・・・三次元マスクなど生産

2.シャープ・・・3月より不織布マスクに新規参入

3.白元アース・・・快適ガードプロなど生産(アイスノンやミセスロイドで有名)

4.ユニチャーム・・・超快適マスクなど生産

5.アイリスオーヤマ・・・Cotton more 内側ガーゼマスクなど生産

政府などに優先的に供給している会社はこの5社だと考えられますが、政府としてはマスクを製造する他のメーカーに声を欠けている確率は高いだろうと思われます。

ただこのようなプレスリリースも出しているので、講和の可能性は高いのでは無いかと思われます。

興和 プレスリリース

ガーゼマスクは今ちょうど政府が配り始めた布マスクのことですね!

これが”アベノマスク”となっているんだと思います。

改めて、製造メーカーがハッキリ分かり次第更新していきます!

 

スポンサーリンク

アベノマスクは中国製?

中国国旗

アベノマスクは国内4社のメーカーへ発注しているものなので中国製では無いと考えられます。

厳密にいうと中国国内に工場を持っているメーカーもおそらくいると考えると、そういう意味では中国で生産したものではあるといえますね。

ただシャープなど国内の工場で生産している会社もあるので一概には中国製とは言い切れないのが事実だと思います。

政府としては国内メーカーを稼働して生産を行って欲しいという気持ちが強いでしょうから、中国メーカーに頼むことは無いでしょう。

アベノマスクで不良品が多数出ている理由は?

4月14日から妊婦向けに先立って発送された布マスク”アベノマスク”から、異物が入っているとクレームが入っていると言います。

ただ本当に不良品が出ているのでしょうか?

布マスクの不良品が1900件出ているようですが、Twitterではこんなネット社会なのに画像が見当たらないとこの不良品報告に怪しむ声もあります。

言葉だけ拡散されている可能性も考えられます。

これも配布されて間もないこともあり、事実がまだハッキリしてないと考えられます。

分かり次第随時、追記していきます。

連日新型コロナウイルスのニュースで日本全国の人たちが疲弊しているかと思います。

早く事態が収束していくことを願うばかりです。

おそらく5月いっぱいまでではないかと予測していますが、元の生活に戻れるよう今は自粛を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク